青い瞳 感想

早いもので舞台青い瞳がはじまって1週間ちょっと経過しました。

その間に2公演観劇してきたのでその感想です。

感想がネタバレになりかねないので、読みたくない方はお戻りくださいねm(_ _)m

 

ではでは感想です。

うーん(笑)

難しいとは周りからも聞いていたのですが、正直私にも難しかったです。

うまく説明できないのもその難しさ故なのか、私の理解力が乏しいのか(^_^;)

2公演入ってみて、パンフレット、この期間に出た雑誌も全部買ってあったので読み返し、こういうことを言いたいんだろうな、ということはそれなりに解釈したのですが場面場面で、それはどーいうことで、どーいう展開なの?絶対理解できない!ということが多々(逆に全部ちゃんと理解できた人がいるならその人はかなり岩松さんを理解しているということだし、すごいな~と思う)

魚釣りの場面とかね、かえるの話とか、よーく考えたらきっとこんな感じ?とは思えても1公演目は完全に頭が?になりました。

でもきっと見終えたあとうーん、となるのもそういう舞台なのかな、と解釈しています。こうやって帰宅後に考えるのもまたいいのかな。

 

難しかった、とは書きましたが舞台そのものは私はとてもよかったです。

基本的に暗いというか重いというか若干の狂いがある舞台だと思うのですが、ちょこちょこ笑いが出るシーンもあり、勝村さんにはものすごく笑わせてもらいました。

登場人物はほぼみなかなりの情緒不安定、私の目には狂気というか怖さが滲んで見えました。

中村獅童さん演じるツトムはかなり不安定だし、伊藤蘭さん演じるお母さんの息子愛っぷりも狂気に近いし、何より私はあっちゃんが怖かった(´Д`;)

変な意味ではないです。あっちゃんってあんな風に演技できるのか~という発見がありました(当たり前なんだけど本物すごい可愛い)

そして上田くん演じるサム、途中まで一番まともじゃない?と思えるくらいだったサムもまた狂気を抱えており。。。

みんなが普通にしているシーンが会話1つで一転するところが、私に怖い!という印象を抱かせたのかもしれません(別にホラーな舞台じゃないよ)

 

上田くんが始まる前に雑誌やwebでサム難しい(めんどくさい)と発言していたのも納得かな。つかめるようで全然つかめない男サム。

上田担目線で見ると、ビジュアルはほぼそのままいつもの上田くん、衣装もチンピラということでほぼいつもの感じ、腕まくりで良い血管が拝めたり、開襟シャツの開き具合も良い感じでした。

パッと見上田くんなんだけど、でもそこにいるのはサムで、あぁ、すごい。。。と心から思いました。色んな笑いの(楽しいだけじゃなく)表情を見せてくれたのがとても印象的でした。

あとは個人的にたっちゃんとあっちゃんのシーンにはちょっとキュンとしました。

恋人という設定と聞いていたのでもっとそんな感じのシーンがあるかと思ったのですが話の展開的にラブラブしたものはなく。。。でも、2人の会話や表情、いいな~と思えるところがたくさんありました。サム好き(突然)

 

実はまだ原作を読めていないので、きちんと読んでまた考えてみようとは思っています。

劇場では岩松さんのサイン入りの原作本が売られていたので購入してきました。岩松さんは舞台上で唯一普通のお父さん、という感じでした(でもその岩松さんがこの難解な舞台を書いてるのよね)

公演パンフレットもちゃんと袋に入れてくれて感激!(舞台のパンフってそのまま渡されるのが通常と思っていたので)

 

あと1公演入る予定にしているので、それまでにちょっと頭の中をまとめよう。そしてサムに備えようと思います。

これを読んで難しいのか~と思った人もいるかもしれませんが、上田くんはとってもかっこよかったのでファンはちゃんと楽しめると思います(笑)

 

 

広告を非表示にする